保険最適化

企業が抱えるリスクを明確にして優先順位を付けた上で、課題毎に商品を選定します。⽣命保険が与える決算書への影響も考慮し、企業において最善な決算書となるような選定を⾏います。その後も顧客の財務状態を定期的にモニタリングし、状態に応じて保険の⾒直しを履行します。常に最適な⽣命保険の加入状況を維持します。

詳細ページへ

財務改善

FREESTYLEで行う財務改善は大きく分けて以下の二つです。

 資金調達改善

企業の調達すべき資⾦を明確にし、調達⽅法を最適化します。

1.取引に最適な銀⾏

2.⾦利

3.調達期間

4.調達⽅法

の4つの視点から考え「銀⾏が融資したくなる」決算書への改善、「銀⾏が融資したくなる」事業計画書の作成、「銀⾏が融資したくなる」ような銀⾏への折衝をサポートします。

詳細ページへ

キャッシュフロー改善

キャッシュフローを明確にし

1.固定費

2.粗利率

3.売上⾼

の3つの視点で改善点を⾒つけ出します。

さらに、損益計算書(P/L)では⾒えてこない⽣命保険料資産計上額と借入⾦返済額に着目。⽣命保険と資⾦調達を最適化することで、キャッシュフローを改善する。

詳細ページへ

事業承継対策

事業承継で解決するべき

1.自社株対策

2.後継者選定・育成

3.財務対策

4.相続対策

の4つに着目して、「誰も困らない事業承継」を実現します。

特に経営者が保有している分割してはいけない資産(自社株と不動産)について、後継者と相続⼈に適正な資産を承継します。

経営者の保有資産を整理し、公平性を限りなく担保して後継者及び相続⼈への資産分割を全員が納得できる状態にします。

また贈与税・相続税対策で税の最⼩化を目指します。

詳細ページへ

トップへ戻る